蚕プロジェクト

新たな試み。草木を育てて作品を作るまで

投稿日:2021年2月27日 更新日:

レクチャーの一環として、草木を育て、草木染をして、作品を作るという一連の流れを自分たちの手で行うという新たなプロジェクトを始めています。

去年、ご縁を頂き村内の使われていない畑(10a)をお借りすることができました。
そして、桑を100苗予約しました。桑がくるのが3月中旬以降になるので、畑の準備を始めています。
桑の他にも草木染になる植物などを植えていく予定です。

山に囲まれた静かな畑

年末に畑の近くに生えていたススキを刈り取りました。
背が高く、耕運機をかけるとからまってしまうとのことで、細かく切りました。

刻んだススキ

ただ刻むだけの作業ですが、思った以上に大変でした。かなり量もあったので腰にきます。

そして南牧村では役場で耕運機を貸してくれるので、お借りして畑を耕しました。

お借りした畑は10年以上使われていなかったので、土も硬くて、耕運機をかけるのも力作業です。

耕運機で耕します
私では動かせず・・・

イメージではもっと早く進むのかと思っていましたが、奥まで土を掘っていくので力を入れながらゆっくり進んでいきます。

こうして作業をしてみると、いつも食べている野菜たちはすごく大変な作業を重ねて私たちのもとにきていると考えるようになりました。何事もやってみると沢山の学びがありますね。

花卉組合の方に色々とご指示を頂き、農業の先輩方にお話を聞かせて頂きながら日々勉強しています。

簡単なことではないと思いますが、失敗しながら前に進んでいこうと思います。

-蚕プロジェクト
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お蚕さんを学ぶ

群馬県では日本で唯一「蚕糸技術センター」や県庁の中に「蚕糸園芸課」など蚕にまつわる部門があります。2014年に富岡製糸場と絹遺産群として世界遺産に登録され、蚕糸業に力を入れているようです。先日、蚕糸技 …

共生。防獣柵を作る。

日本一高齢の村と呼ばれる南牧村。人口も年々減っています。一時は1万人以上いた村民も今では1700人を切ろうとしています。 そんな小さな村ですが、「人」以上に「獣」を見ることが多々あります。村内では鹿と …

桑苗の植えつけが完了しました!

3月の下旬に桑の苗が100株届いたので数日に渡り少しづつ植え付け作業を行いました。桜が咲く中、お手伝いにも来て下さったのでワイワイ賑やかに植え付けをしました。 桜を眺めながらの作業は気持ちいいです! …