手仕事品

道の駅オアシスなんもくで南牧ふるさと染めマスクが買えます!

投稿日:2020年11月7日 更新日:

紅葉が進んで山から里へと下りてきました。朝晩はだいぶ寒くなった南牧村です。

コロナ禍の中、高齢者を大勢集めてのレクリエーションがなかなか難しい状況が続いています。その代わりと言っては何ですが、高齢者レクチャーの発展形を考えています。レクチャーにとどまらず、さらに活躍の場を広げてもらおうとする試みです。

その第一弾として、南牧ふるさと染のマスクを道の駅オアシスなんもくで販売開始しました。

塩田先生が一つ一つ丁寧に染めて、丁寧にマスクに仕上げています。

今回は藍でかご染めにした鮮やかな空と雲のような柄のマスクです。

不規則な柄も面白いですよね!

ふんわりやわらかさが特徴のスラブ生地で、耳にかけるゴムは太めの痛くなりにくいものを使っています。

裏はガーセになっています。
正面から見るとこんな感じ!

新型コロナが流行してから、色々なタイプの布マスクを買ってつけ心地など研究していますが、このマスクをつけた感想は「やわらかい」。

そして植物の命を頂いて染めているので、エネルギーがいっぱいです!

昨日から、道の駅オアシスなんもくで販売開始しました。
今、オンラインショップも準備しています。

オンラインショップはまだですが、個別に発送できますのでご希望がありましたら、フォームよりお問合せください。

-手仕事品
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハンドメイド販売サイトCreemaでもマスクが買えます!

数日前は雪が降って真っ白な景色が広がった南牧村。朝晩の冷え込みが激しくなりました。 先月から道の駅オアシスなんもくでマスクの販売を始め、たくさんの方にご購入頂きありがとうございます。 新型コロナの影響 …

南牧ふるさと染×西陣織のマスクケースが出来ました!

日に日に日差しも強くなり、村の草木たちも春の準備を始め、鳥たちも賑やかに鳴き始めた南牧村。里山にも春が近づいています。 手仕事品も春らしいマスクケースが出来ました。 表地は南牧ふるさと染で人気の藍のか …