高齢者レク支援とは

高齢化率日本一である群馬県南牧村にセンターはあります。日本一の限界集落、消滅自治体と呼ばれています。たしかに先行きを考えますと暗くなりがちですが、実際は元気な高齢者が多いので、できうるかぎり長く続くように、高齢者レクでお手伝いするのがセンターの役割です。活動範囲は南牧村だけでなく、必要があるところであれば支援していきます。

健康長寿のお手伝い

高齢者レクといいますと、高齢者が受け身になって、その場限りの何かのサービスを受けるというイメージですが、もっと広く考えていきます。日常生活に活かせるもの、主体になってもらうものまでです。それに、たとえば周りの家族の人が笑顔で接してくれるというのも大事なことです。

高齢者にレクレーション

参加するだけで完結するものから、日常生活の張り合いになるようなものまで幅広いラインナップで対応します。最終的な対象者は高齢者ですが、うまく機能するように、リーダー養成にも力を入れます。(1)高齢者に直接レクリエーションを実施(担当者の負担軽減の効果もある)、(2)施設や地域のリーダーを養成、です。

高齢者がレクチャー

高齢者が自分の持っている様々な知恵や技術、ノウハウをレクチャーする場を作っていきます。高齢者の個人的な楽しみになるだけでなく、地域社会で、伝統の知恵を引き継がせるという役割を担ってもらうことにもつながります。 これほど健康長寿の薬になるものはないかもしれません。

介護者のレスパイトケア・サポート

高齢者が健康長寿でいられるのは、周りの介護者が笑顔であるから、ゆとりをもっているからこそ、本人も元気に幸せに暮らせるのではないでしょうか。レスパイト(Respite) とは小休憩を意味する言葉です。たとえば、要介護者を抱えた家族が、一時的に介護から解放され、リフレッシュするための場をつくります。

ご希望に合わせて対応